前へ
次へ

不用品として畳買取の現実を知っておく

和室の床材として一般的なのが畳です。
最近は洋室が多くなって床もフローリングにすることが多く、畳を使うケースは少なくなっているかもしれません。
ただ畳にはいろいろなメリットがあるため、古くからある家などではまだまだ畳を使っているところもあります。
畳は自然の素材である井草を使ったものから、最近は化学繊維を使ったタイプなどもあるようです。
また中の芯の部分にも新しい素材を使うものが出てきて、新しいものに取り換えることもあるでしょう。
もし畳を取り換えるときこれまで使っていた畳は不用品になります。
買取をしてもらえるとそれを新しく張り替える畳の購入費用に充てられるでしょう。
実際のところは不用品買取の対象になりにくいのが現実です。
まず業者では対象外にしていることが多く、あったとしても畳業者が引き取ってくれるくらいになります。
新たに張替をするときにはこれまで使っていた畳を無料で引き取ってくれることがあります。
取り換えでないと有料での引取りになるようです。

Page Top